EI48 Pioneer USB DAC U-05
Pioneer USB DAC  U-05


2 Pioneer USB DAC U-05 8


 二三日は事もなく過ぎたが、或る日の午後二時頃また迷亭先生は例のごとく空々として偶然童子のごとく舞い込んで来た。 迷亭は待ってたと云わぬばかりにうんその伯父さ、その伯父が馬鹿に頑物でねえ――やはりその十九世紀から連綿と今日まで生き延びているんだがねと主人夫婦を半々に見る。 これが利口な人の特色かも知れない。 あの娘がか それ以来、坊や辛いのはどこと聞くときっと舌を出すから妙だまるで犬に芸を仕込む気でいるから残酷だ。 その煙りは春風に浮きつ沈みつ、流れる輪を幾重にも描いて、紫深き細君の洗髪の根本へ吹き寄せつつある。 王様はまだ未練があったと見えて、余った三冊をいくらで売ると聞くと、やはり九冊分のねだんをくれと云うそうです。 うん、気を引くと云うと語弊があるかも知れん。 帽子を被れってえと、おれはこの年になるが、まだ帽子を被るほど寒さを感じた事はないと威張ってるんです――寒いから、もっと寝ていらっしゃいと云うと、人間は四時間寝れば充分だ。 それでなくてはサヴェジ・チーなんて生徒や教師にからかわれてすまして学校へ出ちゃいられん訳だ。 近頃はどこに住んでおりますか知らん 吾輩はほかに能はないが意志だけは決して君方に負けはせんと剛情を張るのさ して見ると可哀相なのは首縊りの力学を演説する先生ばかりとなる。 それで外出する時には、きっと鉄扇をもって出るんですがねなににするんだい何にするんだか分らない、ただ持って出るんだね。